ミットを蹴られた城島「きょうは僕の送球とあれがすべて」

[ 2010年9月9日 08:25 ]

 【阪神1―10中日】阪神の城島は「きょうは初回の5点がすべて」と振り返り、責任を一身に背負い込んだ。

  1回に先頭で出塁した荒木が二盗。城島のバウンドした送球を鳥谷が捕り切れなかった。
 さらに3点を与えた後の1死二、三塁。谷繁の遊ゴロを処理した鳥谷が本塁へ送球。捕球したかに見えたボールをブランコのスライディングにはじかれて、追加点を許した。「ボールを捕るか捕らないかくらいのところでミットを蹴られた。きょうは初回の僕の送球とあれがすべてじゃないですか」と潔く認めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年9月9日のニュース