逆転勝利呼んだ!井口が右打ち3連勝弾

[ 2010年8月18日 06:00 ]

<日・ロ>5回2死一・二塁、井口の右線適時二塁打で交錯した今江と鶴岡が激しく言い争いあわや乱闘に

 【ロッテ3―2日本ハム】ロッテ・井口の一打で今江が激走した。2点を追う5回2死一、二塁。右翼線にポトリと落ちる当たりで一塁から一気に本塁へ。捕手・鶴岡に体当たりするように滑り込んだ。負傷者続出で苦しいチーム状況に陥っている中、ケガをも恐れぬ決死のスライディングで同点。この接触プレーで両軍ナインが入り乱れ、にらみ合う不穏なムードが漂ったが、今江は「クロスプレーだしブロックされたらアウト。点が入って良かった」と振り返った。

 チーム一丸。その今江を還した井口は、技ありの同点2点二塁打に「悪い打ち方ならゴロになる。いい打ち方をしていれば(安打ゾーンに)落ちる」と納得顔だ。完全に詰まった当たりながら、1ボールからの内角146キロ直球を腕を畳んで押し込むように右翼線へ。これぞ井口が追い求める打撃技術だった。
 球を体の前でさばくのではなく、ギリギリまで引きつけて右腰近辺でとらえる。球を長く見られる分、見極めが良くなり、バットの芯でとらえる確率も上がる。一方で差し込まれるケースが多くなることは覚悟の上。「詰まって二塁の後方に落ちるのはいいヒット。年間通して、きれいなヒットは何本も打てるものじゃない」。相手投手にとっては打ち取ったと感じる打球が安打になるとダメージも大きい。
 井口は8回には初球のスライダーを右中間へ特大の決勝ソロ。「体がうまく反応して、うまく押し込めた」。すべて右方向への3安打で全3打点を叩き出した。チームは4位・日本ハムに競り勝ち3連勝。3位ながら首位・西武に4ゲーム差と詰め寄った。「もちろん目標は優勝。日替わりでも誰かが打てばチームは乗っていける」。残り35試合に弾みがつく逆転勝利をベテランのバットが呼び込んだ。
 ≪井口の前回猛打賞≫8月12日の日本ハム戦(千葉マリン)、初回に先制左前打。その後は内野安打、空三振、中越え二塁打と3安打1打点。試合は唐川が6回2失点。5―2で3カ月ぶりの白星。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2010年8月18日のニュース