東野 初の無四球完封!単独トップ6勝目

[ 2010年5月6日 06:00 ]

<巨・ヤ>8回2死二塁、青木のハーフスイングに指をさしてアピールし三振に仕留める東野

 【巨人12―0ヤクルト】巨人・東野が自身初の無四球完封でリーグ単独トップの6勝目。34試合目でチーム今季初完投に「初回に5点を取ってもらった時点で完投しようと思った。7回ぐらいから無四球で(完封を)狙っていたので良かった」と声を弾ませた。

 「カーブでストライクを取れるようになった。フォークも良かった」と振り返るように、スライダー頼みの投球から緩急が加わり投球に幅ができた。今季7試合登板で1試合の平均得点は7点以上。打線の援護に恵まれているのも、ストライク先行の投球が良い影響をもたらしている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2010年5月6日のニュース