改名 寺原「早人」で1勝

[ 2010年4月9日 06:00 ]

ヒーローインタビューを終え、ファンとともにバンザイ三唱する寺原

 【横浜2-1中日】2年ぶりに本拠地のお立ち台で浴びる歓声が心地よい。横浜・寺原が打ってはプロ初長打となる適時二塁打、投げては7回1失点で今季初勝利を挙げた。

 「ナイスピッチングができた。初回以外は狙ったところに大体いった。適時打?狙っていました。ヒットになってくれてよかった。抜けて!とそれしかなかった」。1―0の4回2死三塁、145キロ直球をはじき返して右中間を深々と破った。5回に野本に右犠飛を許し1点差に迫られたが、7回2死一塁ではその野本を空振り三振。胸を張ってマウンドを降りた。
 開幕直前には登録名を「寺原隼人(はやと)」から「早人(読み同じ)」に変更した。「前から画数が悪いのは知っていたけど、画数で野球するわけじゃないと思っていたので」。だが昨季は背筋、右ひざ痛の影響もあって2勝7敗と低迷したことで心機一転、改名した。同時に、ソフトバンク時代に指導を受けた尾花監督の下、キャッチボールから腕の振りを確認する初心に立ち返った。この日、スタンドでは由記夫人(25)と2人の子供が観戦。「3人そろって見るのは初めてだったし、良かったです」と笑みがこぼれた。
 調整が遅れていたエースの三浦が9日に復帰。メジャー51勝の大家も新加入するだけに、寺原の快投とともに反攻への期待感は高まる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年4月9日のニュース