岡田監督400勝に祝砲!T―岡田お目覚め逆転弾

[ 2010年4月1日 06:00 ]

<日・オ>9回無死一、二塁、T-岡田の逆転3ランにベンチで大喜びの岡田監督(左から2人目)

 【オリックス3-2日本ハム】目覚めた大砲がチームを救い、岡田監督に記念の白星をプレゼントした。

 1点を追う9回無死一、二塁でT―岡田が逆転3ラン。史上39人目の400勝監督となった指揮官はレスターからウイニングボールをもらうと「ボールもらったわ。あまり今までのも持ってないけどな」と照れ笑いした。

 T―岡田は、指揮官が就任して真っ先に目を付けた秘蔵っ子。キャンプでも積極的に指導した。開幕からスタメンに抜てきしたが打率は1割台に低迷。28日は初めてスタメンから外した。決して温情で起用しているのではないことを形で示した。5年目の若武者は前日に続く2試合連続アーチで期待に応えた。

 岡田監督はドーム球場ではグラウンドコートを着ずにユニホーム姿で指揮を執る。「選手が戦ってるんや。寒いなんか言えん。小さいことやけど負けだしたら、そんなことも大きくなるんや」。最下位からの巻き返しへ指揮官自らも戦っている。会心の勝利でチームは3連勝。89年以来21年ぶりの開幕3カード連続勝ち越しを決めた。オリックスが乗っている。

 ≪オリックス総動員態勢の大応援団≫オリックス岡田監督の通算400勝の瞬間をひと目見ようと、東京ドームには多くのオリックス関係者が詰めかけた。西名球団社長を筆頭に関西と関東から球団幹部も集結。また3500名のオリックスグループ社員も応援に駆けつけた。前日3月30日の段階では3000名の来場を予定。しかし節目の一戦とあって一夜にして500名が新たに参加した。快進撃を後押しするように本社も大号令をかけて総動員態勢。白熱した熱視線に大応援団も大興奮だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年4月1日のニュース