広島 黒田も太鼓判!ドジャースの同僚左腕獲得

[ 2010年4月1日 06:00 ]

 広島は31日、新外国人選手としてドジャースに所属していたエリック・スタルツ投手(30)を獲得したと発表した。

 1年契約で契約金500万円、年俸7000万円プラス出来高払い。スタルツは「楽しみにしている。家族も僕もエキサイトしている」と日本でのプレーを心待ちにした。同投手は大リーグ通算8勝(10敗)をマークしており、今キャンプでは先発5番手を争っていた。ド軍には元広島のエース・黒田が在籍しており「制球力もあるし、チェンジアップがいいので緩急もつけられる。ぜひとも頑張ってほしい」とエールを送った。

 ◆エリック・スタルツ(Eric Stults)1979年12月9日、米インディアナ州出身の30歳。02年にドラフト15巡目指名でドジャースに入団。06年9月5日のブルワーズ戦でメジャーデビュー。昨季は10試合で4勝3敗、防御率4・86。メジャー通算35試合で8勝10敗、防御率4・84。1メートル83、102キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年4月1日のニュース