“らしくない”敗戦に落合監督「手は打つよ」

[ 2010年4月1日 06:00 ]

<ヤ・中>ベンチで腕組みする落合監督(中)

 【中日5-9ヤクルト】中日先発・小笠原が4回9安打8失点と炎上すれば、生命線の守備も2失策。打線もソロ本塁打3発こそ出たものの、つながりを欠いた。開幕直後とはいえ、らしくない戦いぶりに落合監督はさっそくテコ入れを示唆した。

 「このままずっとこんな野球をやることはありえない。でも、手は打つよ。負け試合は、どうやって負けているのか分かっているんだから」

 特に心配なのが荒木の出遅れの影響で二塁を守るセサルだ。この日も7回の失策のほか、緩慢なプレーを連発。8回の守備からはそのセサルを中堅に回し、遊撃の井端を二塁、遊撃には守備のいい岩崎達を入れるシフトも試した。「基本的にウチは守備から入っていかないとダメだから」と辻総合コーチ。試合後のベンチで約5分間の野手ミーティングを行うなど、開幕早々、チーム立て直しを迫られている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年4月1日のニュース