和田 打線の援護で初勝利

[ 2010年4月1日 22:18 ]

 【ソフトバンク11-5西武】ソフトバンクの和田は今季初勝利を手にしたものの、5回4失点と不満の残る内容だった。登板前から課題としていた制球力が改善されず、ボール球が先行する場面も目立った。「もう少し投げたかったが、代えられても仕方ない。勝てて良かった」と淡々と話した。

 これまで低迷していた打線だったが、今季最多の14安打11得点で左腕を強力に援護。和田は「きょうは打ってくれたおかげ」と感謝の言葉を口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年4月1日のニュース