日本ハムと横浜が救援交換 江尻と石井の移籍を発表

[ 2010年4月1日 18:10 ]

横浜・石井とハム・江尻が電撃トレード

 日本ハムの江尻慎太郎投手(32)と、横浜の石井裕也投手(28)の交換トレードが1日、両球団から発表された。右の救援の強化を図る横浜と、左の中継ぎが不足している日本ハムとの思惑が合致した。江尻の背番号は52で、石井は未定。
 江尻は宮城・仙台二高から早大を経て2002年に自由獲得枠で日本ハム入り。昨季は45試合に登板して2勝1敗、防御率3・20とリーグ優勝に貢献したが、今季は2試合で1回1/3を投げて5失点。通算では130試合登板、24勝15敗1セーブ。
 石井は神奈川・横浜商工高(現横浜創学館高)、三菱重工横浜クラブを経て05年に中日へ入団。08年のシーズン途中、横浜に移籍し、救援で活躍した。通算成績は114試合に登板して9勝10敗6セーブ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年4月1日のニュース