寺原、走られ放題…横浜に大きな“課題”

[ 2010年3月6日 06:00 ]

<ソ・横>1回無死一、三塁、打者・松田のとき一走・川崎は二盗を決める(左はカスティーヨ)

 【横浜4―4ソフトバンク】横浜が許した盗塁は8。阻止したのは2度だけと走られ放題だった。「盗塁阻止はバッテリーの共同作業。安打がなくても走者が進むんだからもっと(防ぐ)意識を強くしないといけない」と尾花監督の表情は険しい。

 6盗塁を許した先発の寺原は「走られすぎ。僕の責任。クセが出ていると思う」。執ようにけん制を繰り返したが、古巣相手に7度企図され、うち6度が変化球時とあればフォームにクセが出ている可能性は大きい。
 昨季チームの盗塁阻止率は・181。指揮官が指摘した通り、投手のクイック投法に捕手の肩と共同作業で初めて盗塁を阻止できる。この日マスクをかぶった若手の武山、ベテランの野口の2捕手の送球はそれる場面が目立ち、簡単に塁を許した。キャンプでは進塁打、次の塁を狙う走塁などを徹底して叩き込んできた。それを阻止すべく守備練習にも時間を割いた。尾花監督のもと、チームはすきのない野球を目指しているが、問題点は改善されていないことを露呈した。開幕まであと3週間。残された時間はそうない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年3月6日のニュース