蕭一傑 練習試合先発へ「制球を意識」

[ 2010年2月16日 06:00 ]

 16日の練習試合、日本ハム戦(名護)に先発する阪神の台湾出身の2年目右腕、蕭一傑が休日返上で調整。

 「アピールとなる場。体重移動を意識したい。凄い球を持っているわけではないのでコントロールを意識したい」と意気込んだ。13日の練習試合ではドラ1ルーキーの二神が2回無失点と好投。同じドラ1右腕としてライバル心を燃やしていた。

 ≪真弓監督 二神をオープン戦にも起用≫阪神の真弓監督が、新人右腕の二神を、セ・リーグ相手のオープン戦にも起用する構えを示した。「隠すこととかは考えていない。それよりもシーズン開幕に向け、これからどれだけ(レベルが)上がっていくかやね」。13日の練習試合・日本ハム戦では先発で2回1安打無失点と上々のデビュー。3月10日の巨人戦(皇子山)から始まる同一リーグとのオープン戦で、開幕ローテーション候補の力を見極めていく。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2010年2月16日のニュース