「塀際の魔術師」青木に外野守備の極意伝授

[ 2010年2月16日 06:00 ]

 ヤクルトの高田監督が、青木に外野守備の極意を伝授した。

 身ぶり手ぶりを交えて指導した指揮官は「投手が投げた瞬間の動きが大事。勝負は一歩目だよ」とアドバイス。反応力をアップさせるため、打球から一度目を切って捕りにいく練習法を伝えた。現役時代に「塀際の魔術師」の異名を取った高田監督の直接指導を望んでいた青木は「守備がうまいと言われる人が監督でラッキー。念願がかないました」と喜んでいた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年2月16日のニュース