雄星に「ワシ誰か分かるか?」と聞いた317勝投手

[ 2010年2月16日 17:04 ]

 西武・雄星が16日、往年の大投手から激励を受けた。「雄星君、ワシ誰か分かるか?」。突然、グラウンドで声をかけられたルーキーは握手を交わしながらも目はキョトン。周囲に視線で助けを求めた。声の主は南郷キャンプを訪れた通算317勝の鈴木啓示氏(本紙評論家)。報道陣から教えられると「あっ、よ、よろしくお願いします」と緊張の表情に。「同じ左(投手)だし、球界のためにも協力するぞ」の言葉に、年の差44歳差、孫のような18歳は「よろしくお願いします」と最後まで直立不動だった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2010年2月16日のニュース