小瀬選手の遺体、自宅がある西宮へ

[ 2010年2月8日 06:00 ]

 オリックス・小瀬選手の遺体は7日、県警から遺族に引き渡され、自宅がある西宮市内の葬儀場に安置された。

 夕方に大阪府大東市内の実家に戻った父・富雄さん(63)は「身内だけで」と8日に密葬で荼毘(だび)に付すことを明かした。警察からの説明を受けたオリックスの村山球団本部長は「今回の件に関しては事件性がないと報告があった」と語った。自殺とみられるが「事実は分からない。これ以上原因がどうとか、個人の尊厳や残された遺族のことを考えると、球団側から話すことはできない」とし、遺書の有無などについては「一切発表がなかった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年2月8日のニュース