東尾氏、故江藤氏らが野球殿堂入り

[ 2010年1月12日 15:08 ]

71年10月6日 “闘将”江藤慎一、両リーグ首位打者確定 誕生日に非情通告

75年9月6日 “山賊”の親分江藤慎一 注目されなかった2000本安打

84年9月15日 打者転向も考えた東尾修 2人目の負け越し名球会入り

07年1月12日 遅すぎた吉報…名球会唯一の負け越し投手 梶本隆夫殿堂入り

 野球殿堂入りを決める野球体育博物館の表彰委員会は12日、元西武監督の東尾修氏(59)とセ、パ両リーグで首位打者を獲得した故江藤慎一氏、大学、社会人で活躍した故古田昌幸氏の3人を選出したと発表した。殿堂入りは計171人となった。
 競技者表彰のプレーヤー表彰で選ばれた東尾氏は西鉄、西武などでエースとして活躍。パ・リーグ最優秀選手、最多勝にそれぞれ2度輝くなど通算20年、通算697試合に登板し251勝(247敗)を記録した。与死球は歴代最多の165。監督としても西武を2度のリーグ優勝に導いた。
 競技者表彰のエキスパート表彰で選出された故江藤氏は中日とロッテで計3度首位打者に輝き、史上初めて両リーグで首位打者となった。通算成績は2084試合で2057安打を放ち打率2割8分7厘、367本塁打、1189打点。
 特別表彰で選ばれた故古田氏は立大時代、二塁手として長嶋茂雄元巨人監督らとともに強力な内野陣の一角を担った。社会人の熊谷組では3度の都市対抗優勝のほか、日本代表として国際大会でも活躍した。
 プレーヤー表彰は有効投票数の75%(今年は228票)が当選必要数で、東尾氏は254票だった。エキスパート表彰の故江藤氏は有効投票42票のうち37票を集めた。
 東尾氏と故江藤氏の表彰式は7月23日のオールスター第1戦(ヤフードーム)で行われる。

 ◆野球殿堂 1959年に創設。殿堂入りには競技者表彰と特別表彰があり、昨年までの競技者表彰は74人、特別表彰は94人。競技者表彰はプロ選手経験者が対象の「プレーヤー表彰」、プロの監督、コーチ経験者などの「エキスパート表彰」に分かれている。プレーヤー表彰はプロ野球取材経験15年以上の記者が投票し、有効投票数の75%以上で選出。エキスパート表彰と特別表彰はそれぞれの選出委員の75%以上の投票数を獲得した人が選出される。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年1月12日のニュース