“亡命100マイルの男”チャプマンがレッズと契約へ

[ 2010年1月11日 11:13 ]

 昨年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)キューバ代表だったアロルディス・チャプマン投手がレッズと総額2500万ドル(約23億円)の5年契約で合意に達したことが10日、関係者の話で明らかになった。大リーグ公式ホームページが伝えた。

 左腕のチャプマンは時速100マイル(約161キロ)の速球が武器。AP通信によれば、キューバ代表として参加したオランダの大会で亡命し、現在は欧州の小国アンドラに在住。そのため、ドラフト会議にかからずフリーエージェント扱いとなっていた。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年1月11日のニュース