西武・片岡“イブ交渉”もプレゼントなく、越年決定

[ 2009年12月24日 14:18 ]

 西武・片岡が2度目の契約更改交渉も保留。自身初の越年が決まった。西武ドームでの交渉で約2時間粘ったが、提示額は前回と同じ500万円増の1億1000万円。「ホントは保留したくないんですけど…。でも納得して、気持ちよく練習したいんで」。

 今季は51盗塁で3年連続盗塁王。片岡は「盗塁はホームランと同じぐらい価値があると思っている」と、走塁面での評価アップを訴えた。しかし増額にはつながらず「イブのプレゼントはなし?そうですね…」と肩を落とした。
 右ひじ痛などで46試合の出場にとどまった細川捕手は、代理人同席で2度目の交渉を行い、前回と同じ1900万円減の7100万円を保留した。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2009年12月24日のニュース