ドラフトトリオ夢散、トヨタ初戦で消える

[ 2009年11月18日 06:00 ]

サヨナラ負けを喫したトヨタ自動車・大谷はガックリと座りこむ

 【日本選手権 トヨタ自動車3―4日産自動車】ドラフト3人衆がいずれも活躍できず、トヨタ自動車が初戦敗退で史上初の大会3連覇の夢は破れた。

 ヤクルトに1位指名された中沢は4回途中2失点で降板して「思った所に全然、球が行かなかった。今までになかったことです」。ロッテ1位指名の荻野は4打数無安打、同じくロッテ2位指名の前回大会MVP腕、大谷は9回に暴投で追いつかれ、最後は中前へサヨナラ打された。それでも「負けはしたが、思い切り投げたので悔いはない」と話していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2009年11月18日のニュース