中日 来季井上打2軍撃コーチ就任

[ 2009年10月25日 06:00 ]

 中日の来季のコーチ陣は今季と大きくは変わらない。今季限りで引退した井上一樹外野手(38)が2軍打撃コーチに就任。また、新たに元西武、ロッテの垣内哲也氏(39)を打撃コーチとして招へいすることが内定している。

 外国人は、打率・218と来日3年目で最悪の成績に終わった李炳圭(イ・ビョンギュ)の解雇が決定的。低年俸ながら、本塁打王、打点王の打撃2冠に輝いたブランコ、最優秀防御率のチェンには、日米の複数の球団が興味を示しているが、1年契約での残留が濃厚。パヤノ、ネルソンとも再契約する方針で、デラロサはコーチやアドバイザーとしてチームに残る。また、4度目のFA権を獲得した谷繁も残留する見込みだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2009年10月25日のニュース