新リーグ名発表は「ジャパン・フューチャーリーグ」

[ 2009年10月13日 18:01 ]

 関西・東海地区に来年4月開幕を目指して発足する野球の独立リーグは13日、名称が「ジャパン・フューチャーリーグ」に決まったと発表した。

 新リーグ立ち上げは、関西独立リーグへの参入を断念した三重スリーアローズが中心となって進める。11月7日に運営会社「株式会社ベースボールフューチャー」が設立され、三重の球団代表、壁矢慶一郎氏が代表者となる。現在、三重のほかに三つの球団が参加に向けて準備をしているという。チーム名など詳細は明らかにされていない。
 新リーグは四国・九州アイランドリーグやBCリーグと交流戦などで提携する方針で、11月14日には西宮市の阪神鳴尾浜球場で合同トライアウトを行う予定。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2009年10月13日のニュース