小野と清水 指揮官配慮で規定投球回へ

[ 2009年10月3日 21:52 ]

試合後、札幌のファンに手を振るロッテのバレンタイン監督

 【ロッテ1-11日本ハム】早々と大勢が決まった展開で、バレンタイン監督は小野と清水を3番手以降に起用し、ともに規定投球回に届かせた。小野はシーズンを通じて先発陣の一角を担い、8勝と復調。「最低限の目標だったが、うれしい」と3年ぶりの到達に充実感を見せた。

 一方、8年連続の清水は「この記録は続けていきたい」。監督は「大きな努力を払ってきた2人にできるささやかなお礼」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年10月3日のニュース