石原大暴れ!意地の2発5打点

[ 2009年8月30日 06:00 ]

6回、2打席連続の本塁打となる3ランを放ち、ブラウン監督(右上)らに迎えられる広島・石原慶幸(左端)

 【広島11-3横浜】リーグ唯一の1割打者だった広島の石原が2本塁打で、自己最多の1試合5打点と大暴れだ。「甘い球を積極的に打てた。1試合2本は初めて」。2―0の5回無死一塁から左越えに2ラン、6回は5連打で7―2とリードを広げた直後に右翼席へ3ラン。28日までの3試合は先発を外れていたが、意地を見せた。想定外の活躍?にブラウン監督も「朝食は何を食べ、試合まで何をしてきたかを、これからも続けてもらいたいね」と笑っていた。

 ▼広島・斉藤(初回KOだった27日から中1日で先発。5回2失点で8勝目)。疲れもなく、普通にできた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2009年8月30日のニュース