清原氏 引退後初甲子園に「涙が出そう」

[ 2009年8月9日 06:00 ]

解説者として甲子園を訪れた清原和博氏(左)と栗山英樹氏

 【第91回全国高等学校野球選手権大会】かつてPL学園で甲子園を沸かせた清原和博氏(元オリックス)が現役引退後初めて甲子園を訪れ、開会式と開幕試合をネット裏で観戦した。球児のプレーを真剣に見つめ「思い出が浮かんで涙が出そうでした。甲子園は僕の野球人生の原点」とコメントした。また、同氏の親せきで東北(宮城)の3年生・清原が開会式で背番号18をつけて行進。清原氏のいとこにあたる母・理佳代さん(41)は「清原さんと同じように甲子園に立てたのはうれしい」と笑顔を見せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年8月9日のニュース