「スギが頑張っていた」小久保会心の援護弾

[ 2009年8月9日 21:13 ]

6回、本塁打を放ちナインに迎えられるソフトバンク・小久保(右)

 【ソフトバンク4―1西武】ソフトバンクの小久保が、先発の杉内を援護した。

 まずは2回。先頭で左翼線二塁打を放ち、1死後に長谷川の中前打で先制のホームを踏んだ。1―0の6回には直球に対して鋭くバットを振り抜き、左へ12号ソロ。貴重な追加点に小久保は「(本塁打は)完ぺき。スギ(杉内)が頑張っていたし、何とか追加点を、と思っていた。大きい1本」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年8月9日のニュース