オリックス借金20 大石監督「弱いチームは増えていく」

[ 2009年8月9日 17:57 ]

 【オリックス2-3ロッテ】オリックスは九回1死から逆転され、つかみかけた白星を手放した。借金は今季最多の20となり、大石監督は「弱いチームは増えていく」と自嘲気味に言った。

 先発の小松は一回に先制されたが、二回途中から九回1死まで一人も走者を出さない完ぺきな投球。打線も一、二回に1点ずつ奪って逆転し、2―1のまま白熱の投手戦を制するかと思われた。
 だが、九回1死でサブローに不運なポテンヒットで出塁されると、続く大松への2球目の直球が高めに浮いた。まさかの逆転2ランを浴びた小松は「防げるものだった。情けないし、歯がゆさしかない」と悔やんだ。
 前日は救援陣が同点の九回2死から4失点して競り負け、この日は「あと2人」を抑えられなかった。勝負どころで踏ん張れず、本拠地での3カードを2勝7敗で終えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年8月9日のニュース