壱岐市選抜が優勝/全国離島中学生野球大会

[ 2009年8月9日 17:13 ]

 全国の離島から球児が集う「第2回全国離島交流中学生野球大会」の決勝が9日、島根県隠岐の島町であり、壱岐市選抜(長崎県)が伊豆大島選抜(東京都)を6―2で下し、優勝した。

 全国の離島を巡回して子どもたちに野球を教えている元プロ野球ロッテの村田兆治氏が、対外試合の機会を増やそうと提唱。村田氏率いるプロ野球OBチームとの親善試合や野球教室も開かれ、交流を深めた。
 北海道・新潟・鹿児島など計8都道県から16チームが参加した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年8月9日のニュース