オルティス、薬物使用否定 選手会「リストは不確実」

[ 2009年8月9日 10:43 ]

 2003年のドーピング検査で陽性反応だったと報道された米大リーグ、レッドソックスのデービッド・オルティス内野手は8日、ヤンキースタジアムで記者会見し「栄養補助食品やビタミン剤を不用意に摂取した時期があったが、ステロイドを買ったり使ったことは一度もない。チームや監督、ファンに騒動を謝罪したい」と話した。

 また選手会は「(報道の根拠とされる陽性者の)リストには104人いるが、実際に03年の検査で陽性だった選手は96人で、リストは不確実なものだ」との声明を出した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年8月9日のニュース