楽天ルーキー 藤原“27人斬り”完封プロ初勝利

[ 2009年8月5日 20:50 ]

1安打無四球完封でプロ初勝利の楽天・藤原

 【楽天8―0オリックス】楽天ルーキーの藤原が1安打無四球完封の見事なピッチングでプロ初勝利。打者27人で仕留める快投だった。打線は1回に山崎武の2点二塁打で先制。終盤にセギノール、リンデンの本塁打などで着々と加点し、藤原を援護した。オリックス打線は藤原に全く歯が立たなかった。

 ≪ノムさん「言うことなし」の98球≫9回まで打者27人に対してわずか98球。プロ初勝利を1安打完封で飾った楽天の藤原は「内容はあまり気にしていなかった」と涼しい表情。野村監督は「準完全試合か。こんなにゆっくり見られたのは今季初めて。言うことなし」と手放しで絶賛した。
 1回に先頭の坂口を3球三振で抑えると、4回までは40球でピシャリ。5回に先頭のローズに右前打を許したが、続く北川は初球の変化球を引っ掛けて遊ゴロ併殺打。「早めに1本出て、逆によかった」とノーヒットノーランを意識せずに済んだこともプラスに働いた。
 直球は135キロ前後。だが「スピードガンで出ていなくても、力は伝わっている感じがした」。新人らしからぬ落ち着きで、緩い変化球もテンポよく投げ、相手打線を翻弄した。
 NTT西日本からドラフト1位で入団したが、キャンプ中に左肩を痛め、6月にようやく1軍に初昇格。「早く1勝が欲しいというのはあった」という思いは、5度目の先発で実を結んだ。
 残りのシーズンは約2カ月。これから出遅れた分を取り戻すつもりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年8月5日のニュース