工藤散々5回8失点…「申し訳ない」

[ 2009年4月9日 06:00 ]

<横・巨>初回1死二塁、先制2ランを浴びた工藤公康

 【横浜1―12巨人】いつもは元気な45歳の工藤もさすがに表情がさえなかった。今季初登板。実働28年目で自身が持つ日本記録を更新したが、5回を9安打8失点で今季初黒星。自身ワーストタイの1試合4発を浴びる屈辱にまみれた。

 「このような結果になって申し訳ない」。昨年は左ひじ痛の影響で未勝利。2年ぶりの白星に加え、連敗ストッパーとしても期待された。ルーキー細山田との23歳差バッテリーで古巣・巨人に挑んだが、制球に苦しみ、甘く入った球をことごとく痛打され「真っすぐも変化球も制球が良くなかった」と反省した。打線も4安打で1得点。いまだに本塁打も適時打も出ていない。02年以来7年ぶりの開幕5連敗。大矢監督は試合後にナインを集めると「この悔しさを晴らそう」とゲキを飛ばし、奮起を促した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2009年4月9日のニュース