元大洋の佐々木吉郎氏が死去

[ 2008年12月21日 19:29 ]

 プロ野球元大洋の投手の佐々木吉郎氏(ささき・きちろう)が21日午前8時45分、敗血症のため東京都港区の病院で死去、68歳。秋田市出身。自宅は東京都世田谷区上野毛4の12の11。葬儀・告別式は27日午前10時半から東京都港区芝公園4の7の35、増上寺光摂殿で。喪主は妻月子(つきこ)さん。

 プロ野球の大洋(現横浜)でプレーし、1軍では62年からの8年間で通算23勝34敗。66年5月には広島戦で完全試合を達成した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年12月21日のニュース