清原氏ダルにサインもらう オリは「一歩階段上がれた」

[ 2008年10月13日 08:32 ]

 現役を引退した清原和博氏が初戦に続いてスタンドから観戦した。練習の際は日本ハム・ダルビッシュにサインをもらい、その後は必死の声援。チームの敗戦には悔しさをにじませながら「日本シリーズが甲子園決勝なら(今回は)県大会決勝の舞台に初めて出たという感じ。この経験は凄く重要。やっと一歩階段を上がれたと思う」とエールを送った。試合では同氏が贈った手袋をはめた一輝が2安打。「きょうの苦さを味わって、来年はビールかけの苦い味を味わってほしい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年10月13日のニュース