松坂、岡島も歓喜!Rソックスが優勝決定Sへ

[ 2008年10月7日 10:55 ]

ア・リーグ優勝決定シリーズ進出を決め、シャンパンファイトで喜ぶレッドソックスの松坂

 米大リーグは6日、ア・リーグの地区シリーズ(5回戦制)第4戦を行い、レッドソックス(ワイルドカード)がエンゼルス(西地区1位)に3―2でサヨナラ勝ち、対戦成績を3勝1敗とし、2年連続でリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。

 レッドソックスの岡島は2―0の8回から2番手で登板し、2死後から四球を出した場面で降板、2/3回を無安打1失点だった。

 ▼松坂の話 レギュラーシーズンはやられっぱなしだったが、最後に大きな舞台で、自分はともかく、チームとして借りを返せた。同点に追いつかれた時点で(第5戦先発に向け)準備はしていた。こういう試合を勝てるのは本当に強いチームにしかできないこと。勢いではない。序盤からけが人が多かったけれど、みんなでカバーし合って勝ってきた。

 ▼レッドソックス・フランコナ監督の話 (先発の)レスターは本当によくやってくれた。勢いあるチーム(エンゼルス)に勝ち、再び勢いのあるチーム(レイズ)と対戦する。楽しみな戦いになる。

 ▼エンゼルス・ソーシア監督の話 どの試合も勝つチャンスがあったが、一歩届かなかった。選手のプレーぶりには誇りを持っている。レッドソックスの健闘を祈りたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2008年10月7日のニュース