15年ぶり!フィリーズ優勝決定S進出

[ 2008年10月6日 07:05 ]

ブルワーズに3勝、ナ・リーグ優勝決定シリーズ進出を決め喜び合うフィリーズナイン

 米大リーグ、ナ・リーグの地区シリーズは5日、ミルウォーキーでフィリーズがブルワーズと対戦。4本塁打を放ったフィリーズがブルワーズを圧倒し6―2で快勝、対戦成績を3勝1敗として1993年以来15年ぶりにリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。優勝決定シリーズではドジャースと対戦する。

 フィリーズの田口壮外野手は4試合とも出場しなかった。

 ▼フィリーズ・マニエル監督「(ドジャースは)シーズン中は敵地で4連敗したが、地元で4連勝した相手。得点する自信はあるし、投手が頑張れば、きっといい勝負になるだろう。勝つチャンスはある」。

 ▼ブルワーズ・スベウム監督「選手たちはまだ若いし、次のステップに向かうために適応している途中なのだと思う。最終週までプレーオフを懸けて戦ったし、いい経験ができた」。
 
 ▼田口「勝てたのは大きい。(なかなか出番はないが)9月も全然出ていなかったけど、最終戦で打てたから大丈夫。負けたくない、勝ちたいというだけ」。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年10月6日のニュース