斎藤シリーズ通算3戦目にして初の失点

[ 2008年10月4日 06:00 ]

 【ドジャース10-3カブス】ドジャースの斎藤が9点リードの9回に登板したが、2本の二塁打を含む3連打で2失点。1死も奪えずに降板して、06年地区シリーズから通算3試合目で初失点を喫した。「直球も変化球も高かった。いいボールがなかった。自分の持てるものを出せなかったのが残念」と斎藤。試合前にはハニカット投手コーチから正式に守護神復帰を伝えられた。トーリ監督は「試合後、斎藤と話をした。点差が開きすぎていたし、ストライクをとりに行って打たれた。体は問題ない」と右ひじの不安はないことを強調した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年10月4日のニュース