ソフトバンクが初V/ファーム日本選手権

[ 2008年10月4日 16:22 ]

ファーム日本選手権で完投勝利し、ウイニングボールを手にポーズをとるソフトバンク・岩崎(左)と石渡二軍監督

 ファーム日本選手権は4日、長崎県営野球場で行われ、ウエスタン・リーグ覇者のソフトバンクが5―1でイースタン・リーグ優勝のヤクルトに勝ち、初めて同選手権を制した。

 最優秀選手には5安打1失点で完投勝利を挙げたソフトバンクの岩崎が選ばれた。
 ソフトバンクは1点を追う3回に無死満塁で小斉が2点二塁打を放って逆転。その後も吉川や荒川の適時打などで着実に加点した。ヤクルトは1回に真中の右前打で先制したが、2回以降は岩崎に封じられた。

 ファーム日本選手権の表彰選手は次の通り。
 ▽最優秀選手 岩崎(ソフトバンク)▽優秀選手 小斉、荒川、井手(以上ソフトバンク)真中(ヤクルト)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年10月4日のニュース