将来的に“清原監督”も 来年は充電期間

[ 2008年10月2日 06:00 ]

<オ・ソ>涙の胴上げの清原

 【オリックス4―1ソフトバンク】清原は今後について、親しい関係者に「少し休みたい」と漏らしており、来年は昨年手術した左ひざのリハビリに専念することになりそうだ。その一方で、野球人気の低迷を危ぐし、野球教室などに参加する考えも持っているほか、「メジャーを見て回りたい」とも話しており、あこがれだったメジャーを視察する計画もある。また、オリックスの宮内オーナーは「清原選手の人気が相当高いことを再認識した。今後?球団も何か考えていると思う」と、カリスマ性を評価し、将来の監督候補としても期待を寄せている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年10月2日のニュース