ロッテ猛追も終戦…2年ぶりBクラス確定

[ 2008年10月2日 06:00 ]

 【ロッテ5―9西武】ロッテはCS進出マジック3を点灯させながら、勝負どころで痛恨の連敗。2年ぶりのBクラス、4位が確定した。頼みの渡辺俊が今季最短タイ1回1/3で7失点KO。打線が猛追したが、序盤の失点が大きすぎた。

 今季は里崎、サブローら主力に負傷者が続出。一時はボビー政権下ワーストタイの借金12と低迷。そこから盛り返してCS争いに加わりながら力尽きた。バレンタイン監督は「選手に大きなケガもあり、数カ月前はCS争いに加わることはないと思われていたが、あきらめず全力で戦ってくれた。誇りに感じます」。投手陣では当初、YFKが抜けた救援陣の整備に手間取ったが指揮官は「リリーフが弱点と思われていたが全く逆。強みの一つだった」と最後まで粘ったナインをねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年10月2日のニュース