斉藤 “魔の4回”に「自分のせいです」

[ 2008年10月2日 06:00 ]

 【広島3―13ヤクルト】“魔の4回”だった。広島の先発・斉藤が4連続四球で勝ち越し点を献上すると、代わった上野、青木勇も打ち込まれて9失点。早々と勝負は決した。自滅の斉藤は「自分のせいです」と唇をかんだ。3連敗で勝った中日とのゲーム差は2に拡大。CS進出は極めて難しい状況になったが、ブラウン監督は前を向き「初めて経験する重圧もあるのだろう。今は結果を考えるより、まずはいい野球をしないと。個々が自分の仕事に集中することだ」とナインを引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年10月2日のニュース