グラマン右ひさ痛再発も「CSは何としても」

[ 2008年10月2日 06:00 ]

 【西武9―5ロッテ】西武の守護神・グラマンが右ひざ痛を再発。9月23日の楽天戦(西武ドーム)で右ひざ痛を訴えて以来の登板も、先頭の西岡のセーフティーバントを処理をする際に同じ個所を痛めたとして降板した。「前回より痛いが、CSは何としても投げる」と話しているが、2日に診察を受ける予定で、渡辺監督は今季最終戦の4日、楽天戦(Kスタ宮城)には帯同しない方針を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年10月2日のニュース