栗原メモリアル“ラスト広島市民球場弾”

[ 2008年9月28日 20:17 ]

 【広6-3ヤ】4番栗原が、広島市民球場では最後の公式戦で一発を放った。5回2死一塁から、川島亮の高めの直球を完ぺきにとらえ、左翼席中段へ。プロ初本塁打もここで放っており「本当にいろいろなことがあった。寂しい気持ちもある」と感傷に浸った。

 初の100打点まであと1。チームもプレーオフ進出へ勝負どころを迎えている。「チームには明確な目標があるし、それに向けて、まとまっている」と力強く話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年9月28日のニュース