西武投手死球3発!激高ベニーが暴行退場

[ 2008年9月24日 20:36 ]

4回、死球を受け激高し、止めに入った捕手細川を投げ飛ばすベニー

 ロッテのベニー外野手は24日の西武23回戦(西武ドーム)で暴行による退場処分を受けた。

 4回の第3打席で腰付近に投球を受け、激高した勢いで細川捕手を投げ飛ばした。西武投手陣はこの回、里崎とズレータにも死球を与えていた。
 両軍ベンチからは選手が飛び出し、あわや乱闘のシーンになったが、それは回避された。

 ≪細川は左肩打撲で交代≫西武の細川が4回の守備の際、死球を巡る乱闘でベニーに投げられ、左肩を打撲して交代。アイシングで処置した。
 登録は抹消しない方向だが、26日からの日本ハム戦で捕手の野田を昇格させる。

 ▼データ ロッテが1イニング3死球を受けプロ野球タイ記録。24日の西武23回戦(西武ドーム)の4回に記録。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年9月24日のニュース