カブスが2年連続地区V

[ 2008年9月21日 08:43 ]

2年連続地区優勝を決め、デンプスターにシャンパンをかけられるカブスの福留(左) 

 米大リーグは20日、カブスがシカゴでのカージナルス戦に5―4で勝ち、2年連続のナ・リーグ中地区優勝を決めた。カブスには大リーグ1年目の福留孝介外野手が所属している。 

 入団1年目の福留孝介外野手は「8番・右翼」で出場、2打数無安打だった。内容は四球、二ゴロ、空振り三振で打率2割5分8厘。

 ▼福留の話(祝勝会は)いつ始まったか分からなくて戸惑った。(地区優勝は)自分たちが勝って決めると思っていた。いい日だし、うれしい。きょう1日は楽しんで、相手が決まったらしっかり準備したい。

 ▼ピネラ監督の話 選手はみんな、本当によくやってくれた。福留はいい活躍をして、優勝の原動力になってくれた。打撃の調子が戻れば、チームを助けてくれるはず。プレーオフの登録選手にはもちろん入れる。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2008年9月21日のニュース