米五輪代表発表 若手マイナー選手が中心

[ 2008年7月17日 13:00 ]

 野球の北京五輪米国代表が16日発表され、マイナーリーグでプレーする若手を中心に23選手が選出された。残り1人は後日発表される。

 23選手の内訳は投手12人、野手11人で、来年のドラフト1位候補といわれる大学生右腕、ストラスバーグ投手もメンバーに入った。
 米国代表は前回のアテネ五輪出場を逃し、金メダルを獲得した2000年のシドニー五輪以来の出場になる。監督は巨人にも在籍したデーブ・ジョンソン氏が務める。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月17日のニュース