イタッ!通算49本塁打二塁手死球で全治1カ月

[ 2008年7月14日 08:50 ]

 【北大津7-0石部】春夏連続出場を目指す滋賀・北大津の主砲、高校通算49本塁打の4番・石川駿二塁手がアクシデントに見舞われた。2回に左手首付近に死球を受け、3回守備から交代。すぐに救急車で病院へ向かい、左尺骨骨折で全治1カ月と診断された。宮崎監督は「本人は悔しいだろうが、こればかりは仕方がない」とコメント。センバツでは、ドラフト候補の横浜・土屋健二投手から本塁打を放った石川。プロがチェックするチームの要の欠場は大きな痛手で、8回コールド勝ちも嵐の船出となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月14日のニュース