センバツ 来春は希望枠を廃止

[ 2008年7月10日 06:00 ]

 選抜高校野球の運営委員会が9日、大阪市内で開かれ、来春の第81回大会は32校が参加して行うことが承認された。一般選考は28校で21世紀枠が3校、神宮大会枠が1校。守備重視の希望枠は地区の比較で公平性に欠けるなどの理由で廃止された。一般選考枠の地区別出場校数は北海道1、東北2、関東・東京6、東海2、北信越2、近畿6、中国・四国5、九州4。21世紀枠の選考は9地区の候補校の中から東(東海、北信越以東)と西(近畿以西)から1校ずつを選び、残り7校の中から3校目を選出する。例年は2校の出場だが、記念大会だった今春の大会に同枠で出場した3校がすべて初戦突破したことなどを考慮し、据え置かれた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月10日のニュース