ラミレス セ助っ人1位の812打点に

[ 2008年6月30日 06:00 ]

<広島・巨人>9回表2死、満塁、ラミレスは左越えに20号満塁ホーマーを放ちガッツポーズ

 【巨人6―1広島】巨人・ラミレスが、9回2死満塁で永川から左中間に20号満塁弾を放った。808打点で並んでいたR・ローズ(横浜)を上回り、セ・リーグ外国人最多打点記録を更新した。「いつかは出ると思っていた。打点は打撃記録のカテゴリーで重要視しているのでうれしいね。でも記録は破られるためにあるからね」と振り返った。

 6試合ぶりとなる両リーグ最速の20号は、自身にとって8年連続の大台となった。「打てる時もあれば打てない時もあるから」と最近の不振にも下を向かずに打席に入っていたことが実った。
 点差を広げたことで、楽な形で上原の復帰登板をアシスト。「上原はチームにとって必要な投手。元通りの活躍をしてほしい。一番の投手だと思っているから」と話し、上機嫌でバスに乗り込んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2008年6月30日のニュース