“満塁男”里崎 球団初の4年連続満弾

[ 2008年6月29日 06:00 ]

<西武・ロッテ>5回2死満塁、里崎が左中間に本塁打を放つ

 【ロッテ11―3西武】頼れる男だ。1点リードの5回2死満塁。今季8試合目の4番に座ったロッテ・里崎が左中間席に2戦連続アーチを叩き込んだ。チームの連敗を4で止める一撃で今季初のヒーローインタビュー。主将のほおは自然と緩んだ。

 「1点差だし、何とか点を取らないと後半どうなるか分からないと思っていたんでね。1点取れれば良かったけど、4点取ってしまいました」
 球団初、捕手では西武・伊東勤以来2人目の4年連続満塁弾。WBCなど大舞台で勝負強さを発揮してきた里崎は、おいしい場面を逃さない。今季も満塁で4打数2安打6打点の“満塁男”は、リードでも6回に1点を返され、なお2死満塁のピンチを切り抜けるなど投手陣を鼓舞。右ひじ痛から復帰以降、自身が打っても投手陣が踏ん張れなかった経緯もあり「これまで(お立ち台を)つぶされてたからね。良かったあ」とちゃめっ気たっぷりに笑った。
 主将が打てば打線も活気づく。不振の3番・福浦も適時打2本で今季初の3打点。この日朝、次男が誕生し「気合が入りました。あしたじゃ意味がない」と安打を打ったボールを手に口元を緩めた。12安打11点で「西鉄」に“変身”した首位・西武に大勝。涌井、石井一を次カードに回した相手に一度は“激怒”したバレンタイン監督も「3、4番の7打点でいい形で渡辺俊を援護した。里崎はやはりチャンスに強い」と納得の表情だ。
 西武とは9・5ゲーム差の最下位も、セの首位と3位のゲーム差より小さい。里崎は言う。「1つ1つ勝っていくしかない。ボビーだけカッカしてもダメ。同じ気持ちで戦わないといけないと、キャプテンとして思う」。反攻のパワーも残り試合もまだ十分に残っている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2008年6月29日のニュース