四国・九州IL 香川が前期優勝

[ 2008年6月18日 16:27 ]

 野球の独立リーグ、四国・九州アイランドリーグは18日、優勝へのマジックナンバーを「1」としていた香川が高知東部球場で高知に7―4で勝ち、前期優勝を決めた。香川は2006年後期から4期連続の優勝。

 香川は4試合を残し25勝8敗3分け。2位の愛媛は17勝12敗5分けで、残り6試合を全勝しても勝率で上回れない。
 香川は3回に3点を先制、5回にも敵失などで4点を加えた。先発金子は5回を1失点で6勝目。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2008年6月18日のニュース