バット10本と交換トレード成立

[ 2008年5月25日 06:00 ]

 米独立リーグで選手がバット10本とトレードされる異例の移籍が成立した。カルガリー・バイパーズと契約したジョン・オドム投手(26)が、カナダへの入国検査で10年前のけんかによる罪が発覚し入団不可能に。そこでテキサス州のラレド・ブロンコスが獲得に乗り出し1本69ドル(約7100円)のバット10本との交換トレードが成立した。「ラレドの一番いい打者が交換相手だと思っていた」というオドムは「気にしていない。僕が大リーグにデビューしたらいいエピソードになる」と強がっていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2008年5月25日のニュース