ルーキー小林好投に最後は寺原締めた

[ 2008年4月28日 06:00 ]

<横浜・広島>プロ入り初勝利を挙げ、お立ち台で逆転2ランを放った村田(右)と並び、快心の笑顔の小林

 【横浜3―1広島】横浜の大学・社会人ドラフト1巡目の小林が7回1失点と踏ん張り、初先発で初勝利。セ・リーグ新人での白星一番乗りに「パではみんな新人が勝っていて乗り遅れていた。ウイニングボールは両親に贈ります」と笑みを浮かべた。2点リードの9回には寺原を起用。球場がどよめく中「勝ちにつながるのであれば後ろで頑張る」と最速152キロの直球で無失点と結果を出した。開幕9カード目で初の勝ち越しに成功した大矢監督は、前日に寺原の了承を得たことを明かした上で今後も抑え専任を明言。「チームがシュンとなるのは勝っている試合を失うこと。それをなくしたい」と満足そうだった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年4月28日のニュース